行政書士必携7つ道具

ある行政書士の先生が実務講座の中で「行政書士必携7つ道具」なるものを紹介していました。

私はこの手の話が大好き。年甲斐もなく胸が高鳴るのは、子供時代に江戸川乱歩の少年探偵団を読み過ぎたせいだと思います。

行政書士7つ道具の中身はというと、行政書士共通の合意があるものもあれば、人によって違うものもあるかもしれません。

件の先生の7つ道具には携帯ホワイトボードが入っていましたが、忘れっぽい私は書いたことが消えてしまうのが怖くて使ってません。

他の行政書士さんの必携7つ道具は何かしら?それぞれの個性が反映されていて面白そうです。

私の「行政書士必携7つ道具」は以下のとおり。

  • ボールペン…ちょっとだけ高級で、書き味のなめらかなもの。署名するときの気分が上がるかも♪
  • 朱肉と押印マット…押印がきれいにできるとお客様も行政書士もニッコリ。速乾性の朱肉です。
  • ティッシュペーパー…押印後の印鑑をきれいに拭います。意外に大切。
  • 修正テープ…「おっとっと」ということは、たまにあります。そんなときの救世主。
  • マルチクリアホルダー…5ポケットのクリアホルダー。白紙のコピー用紙も入ってます。メモを書くときのボードにもなる優れもの。
  • 名刺・・・名刺入れとは別に隠し持っている分。よく忘れたり切らしたりするので。
  • 職印…超大事なので事務所から門外不出としたいところですが、そうもいかず。

クリアホルダー以外は無印良品のパスポートケースにまとめています。家計の管理に人気のケースだとか。上手い具合に収まりました^^

ちなみにWikipediaによると、少年探偵団の7つ道具は、①万年筆型懐中電灯、②小型の万能ナイフ、③縄梯子、④万年筆型望遠鏡、⑤時計、⑥磁石、⑦小型の手帳と鉛筆、⑧小型ピストル、だそうです。

Wikipediaを読んでいて思い出したのですが、その昔、少年探偵団の団員がつけているBDバッジ(団員の徽章)にも憧れたものでした。行政書士にもコスモス徽章があります。7つ道具に徽章-少年探偵になれなかった少女は、大人になって行政書士になることで夢の一部を叶えたのかもしれません^^